忍者ブログ
about this image...
HUNTER's "B"LOG
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

→デデ砂漠の娘 1

本サイト「地域色という発想」でも述べましたいくつかの「砂漠ハンター」の特徴というのは、ここデデ砂漠(旧砂漠)だとよりいっそう強調されます。
クーラードリンクなし、体力デフォ、ブルージャージのみとかなりましたらただの村ガレオス相手だって近接とかあり得ねー。ていうか走ったら赤体力がすごい勢いで伸びそうな恐怖を感じますよ(笑)。

そんなわけでやはりガンナーを目指すんですが、デザートフォールとか超高嶺の花なんで、まずはゲネのショットボウガン・碧を目指すことになります。

P1は村クエには素材ツアーがありませんのでちとズルして集会所の素材ツアーでゲネを狩りまくります。とは言ってもねぇ……ハンターナイフだとあっという間に切れ味ギザギザですね。スタミナを確保するためにアプケロス狩る時点でギザギザです(このアプケロスも1匹ずつおびき出して立ち回らないと狩れない)。

そして砥石があまりない。10番でわずかに拾えますが…出ない時は出ない。ですんでまずは4番のゲネを狩って、必死で釣りバッタを捕って、キレアジを釣って…で、ようやくアクティブに攻め始めることができるわけですね。

これでゲネは何とかなるのですが、するってえと今度は鉄鉱石・すなわちピッケルが必要になる。んが、棒状の骨も超レア(笑)。ネコ集落で運が良ければ1本くらい出るかも、という感じ。

はっきり言って詰んでます(笑)。

こうなってきますと、考えどころですね。上手くいかない、じゃなくてそこに「考えどころ」がある。要は「買い物」の見直しなんですが、これをゲームのレートを外れて考えてみる。

もうね、P1で採取してますと、「火薬草1個」を捨てて空きを作るかどうか悩んでPSPをスリープにしたりするんですよ(笑)。こんなのを繰り返していると自然と「十倍の値段であっても買いたい」というものが出てくる(それこそピッケルとか)。この辺をね、つついてみたら「独自の買い物(交換)レート」ができる。ということで次回はそのお話しになります。
PR
この記事にコメントする
お名前...
タイトル...
メール...
URL...
コメント...
パスワード...   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-------------
secret
  • 無題
シュガシュガ 2009/03/22(Sun)18:21:04 編集
こんにちわー。
いきなりですが、こんな素敵なしばり、はじめて(笑。

世界へのアプローチ、というのをどういった手法で執られるのか拝見していたのですが、いやー、すごい。
ログさんがお悩みになるこの問題は、世界の大地に立つキャラクターの悩み、そのものだと思うのです。アクションゲームのキャラクターが抱える悩みをここまで共有できるって、ロールプレイングのきわみですよう。

次回はついに交換爺さんの登場かしら、どのコンテンツもとても楽しみですが、「デデ砂漠の娘(タイトルも素敵(笑!)」楽しみにしておりますー!
  • 重なる視点
HUNTER's LOG 2009/03/23 14:57
シュガシュガさんこんにちはー。

「こんな素敵なしばり、はじめて」

という台詞だけ抽出すると大変けしからん内容に見えますn(ry。いや、失礼(笑)。

これもねー。簡単に書いてますが裏にはそれはもう膨大な設定が…ナイラの姓のバーディヤってのは「ベドウィン」とかから来てまして、「街に住まない人たち、定住しない人たち」といった意味なんですが…うおっと、ネタバレる(笑)。

そんななんでクローズアップされるのもあの世界の「交易」のあり方の、結構真っ当な部分ですね。旧砂漠は山菜爺さんいないですんでフィールド上では何ともしようがない(笑)。"a side story"の史上最も格好良く書かれた山菜爺さんは旧砂漠設定なんですが(写真はドンドルママップのものですが)。

ていうかやってることもねー、あたしここ半月くらいずっとガレオスばかり狩ってる(笑)。「残り5分です」コールまでやって、さらにそれを一日3回とかやっても一枚も「砂竜のヒレ」が出ない。天鱗とか天殻とかそれがどーしたって感じですよ。もうショットボウガン・碧/通常L1オンリーでガレオス狩り続けるのに抵抗なくなっちゃった(笑)。

で、ここに至りますとね、この期に及んでクエから帰ってきて武器屋直行で毎回眺めちゃうんですよ。名前が鑞引き(灰色)のデザートフォールとかガレオス防具を。ガレオス防具なんて全部着込んでも防御力40とかですよ。何だ「40」て。

でも、ナイラはそれに憧れるわけです。それを着込んで初めて「砂漠のハンター」として認めてもらえる。ドスガレオスへの挑戦を許してもらえる。

そしてそれはやってるあたしにも伝染してくるのです。そのシリーズさえできちゃえば何とだって戦えるぜ、とか思っちゃうわけです。やはりモンハンの武器・防具はそういった経験・ストーリーが「折り畳まれて」立ち上がってきますね。そのポイントでゲーム内のキャラと「中の人」の二つの視点は「重なって」行くのだといえるでしょう。
  • ひとこと
たーだーいーまー調整中。
  • comments:
[12/28 和田秋希]
[04/08 Nasca]
[03/22 シュガシュガ]
[01/15 サキムラ]
[01/12 詩人]
[01/04 アンダー]
[01/02 サキムラ]
[11/22 アンダー]
  • calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 中の人
HN:
HUNTER's LOG
性別:
男性
自己紹介:
ハンドルネームというのにいまだに不慣れなのでHUNTER's LOGのまんまです。屋号みたいなものだと思ってください。コメントなどの際は「ログさん」とかでどうぞ。
Copyright © HUNTER's "B"LOG All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]