忍者ブログ
about this image...
HUNTER's "B"LOG
[96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、「竜王の系譜」。
こりゃ従来の「天地」金銀夫婦の闘技場クエストですな。
つらつらと思い出すに、あたしはこの系統のクエストはソロでしかやったことないのでした。P1天地は村ラストでしたし。これが…ねえ?

G☆3 竜王の系譜

結論から言ったら初戦お手上げモード(笑)。閃光が決まらねーのナンの。
ソロだと閃光で両ピヨリにしてとにかく片方を(個人的にはソル)叩く、ということになりますな。これでスーパーノヴァとか電鎚フルフルとかですとソルが10分とかからず沈むわけです。

んが、この立ち回りはルナとソルが「次に必ず自分を狙う」ことを前提に閃光を決めていくので、2人組になった途端にリズムが崩壊しました。1発目で気がついて、後はひめとビッケがそれぞれソル・ルナを分担してピヨらせる、としていったものの、外れの山がガガ…。

ちょっちこれではヴァジュラでサポートしつつ昼休み中に終了させられないっぽいので、路線チェンジ。

ビッケスーパーノヴァで普通にソルボコっちゃいました(笑)。

このクエストでの支援となると、難儀なのは次の2点。

1. 両ピヨリを狙えるタイミングで必ずしも閃光玉を投げられない。

要はそのタイミングで粉塵を飲まにゃならん、という事態が多いわけです。大体2頭がこちらを向くという場合は、直前にひめが轢かれてんですよね(笑)。

2. そもそも両ピヨリが狙い難い

これは上に書いた通り。タゲがどっち向くかで極端に成功率が下がるわけです。

もっとも、これらも「時間」を度外視して、ゆっくり取り組むならばぜんぜん問題ないのですが(いくらなんでも二人分の閃光×30で足りない、ということはない)、一定の時間内でどうにか、となると大変ですね。

そんなこんなで結局今回はなんだかあんまり面白くない展開でボコっちゃったのですが、数戦してみますと結構これが決まるようになって来てました。最後のほうではひめの動きに合わせてこちらが移動し、かなり前の段階から「両ピヨリになる下地を作って」閃光を投げる、という線で上手くいってましたね。もうちっとやったらいつも通りのビッケ:ヴァジュラ-ひめ:鬼哭真打とかでそれなりの短時間でいけそうでしたが。

「てんりん出ちゃったからもーよーないもーん」
といった具合のひめちゃんなんで、次の機会へ持ち越し、というとこでしょうか。


G☆2 接近!ラオシャンロン

そんなこんなでレイアの天鱗もゲットで、ひめの「五月人形化計画」も残すところラオ素材のみ。んが、ここでみなさんご承知の「ラオの天鱗」の壁が立ちはだかるのですよ。

もっともこれもよくよくドロップ率を見てみるとそんなに無茶苦茶なレアというわけでもないんでして、やりゃあいずれ出ます(当たり前だ)。ビッケもいまだラオは避け気味なので(やりだすと延々そればかりになっちゃう)、これまで天鱗は1枚しかゲットしてないですが…一応黒wikiによるドロップ率は以下の通り。

剥ぎ取り:3%(6回剥げるとした時の期待値は18%)
成功報酬:不明
部位破壊:角:3%・頭:0%・背中:2%・右肩:2%・左肩:2%
(全部位破壊時の期待値は9%)

ということで全部位破壊討伐をしたら30%位のドロップ率がある事になりますね。上手いこといったら3回やりゃ1枚出んじゃん?みたいな。

ここでキモとなるのはその「全部位破壊」でして(頭は出ないですが)、これやるには当然遠距離武器をチョイスすることになります。ガンスなんかでも肩破壊は可能ですが…Gラオの攻撃力というのもしゃれになんないので危険です。

さて、では武器のチョイスですが、手持ちで良さ気なのは相変わらずの万能選手「クイックシャフト(クイックキャストGクラス版)」。貫通L1&2、火炎弾あたりは言うに及ばず、背中破壊を楽ちんにこなせる拡散L2も標準対応です。

が、今回のラオは(ラオに限らず)部位破壊に手間取るようになってまして、要は怯み値が上がってる(多分)のですが、これを狙うとなまじのやり方だと討伐が厳しくなります。はじめから弱点一択で攻撃するのであればGラオといっても上位ラオに全体防御75%というとこなので、上位討伐条件の130%増しの攻撃量があれば良いんですが。

実際のところはこのクイックシャフトで火事場+2・拡散L2爆装仕様としたらソロで全部位破壊討伐もさほど難しくありません。エリアエンドは早々にモドリ玉で戻っちゃっても平気ですね。

でもね?いい加減ひめちゃんも無印からやってるわりにいまだにラオの頭しか攻撃しねーというのもどーなのよ?ということで、ちょっと脅してみました(笑)。

「いやー、でも天鱗狙いだとビッケは部位破壊するからひめがんばんないとだよ?」
「えー。頭斬ってんじゃダメ?」
「撃退になっちゃったら剥ぎ取り分がないしねぇ」
「う゛ー、じゃー腹斬る」

と、意外とすんなり了承したひめですの。武器のチョイスは龍刀【劫火】。ひめはこれを「きゃっか」と言ってました。羞恥心かよ、とあたしは言いたい。

大体の腹下での斬り込み方法とか説明しまして、クエスタート。

とは言っても特に何を書くこともないんですが(笑)。
戦局は順当に推移。ひめが「めたぼー!めたぼー!」とか「メタボの歌」を歌ってるのがシュールなくらいでしょうか(ラオの腹のこと)。

思いもかけぬ、というかあたしが普通にやりすぎちゃっただけですが、というのはエリア4でラスト怒りが終わっちゃった点(笑)。
あ゛ー、別にひめ頑張んなくても良かったんじゃね?という疑念が生まれそうな…エリア5でちょっと引き伸ばせばよいのか?

でも「バリスタ撃つ!」というひめですの。
あー、まじい。ひめもエリア侵入直後のラオをバリスタで撃ち抜くのは出来ちゃうんですよね。これ10発当たったら討伐しちゃうわよね。あー、うー。

特に妙案も浮かばぬまま崩れ落ちるラオ。あーらー。

「う゛ー?ひめ頭斬っててもよかったんじゃね?(キタコレ)」
「そ、そう?そーんなことはないよ?ひめが一生懸命お腹斬ったから速く終わったんだよ?」
「おお!ひめがんばった!」
「そうそう。頑張った、頑張った!」
「…………?」

と、いうことで、天鱗は出ませんでしたが、まー時間の問題じゃねー?という感じでまとまったラオ戦でした。
なんか次回から「やっぱ頭斬る」とか言い出しそうなひめではありますが。

PR
この記事にコメントする
お名前...
タイトル...
メール...
URL...
コメント...
パスワード...   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-------------
secret
  • きゃっか…じゃないだと…!
Sasaming URL 2008/07/25(Fri)23:27:32 編集
こんばんは。
ご無沙汰しております。

記事の中に出てまいりました龍刀【劫火】の読みに関してですが
あれは「ごうか」と読むのですね。
普通にきゃっか…とは思っておりませんでしたが「かえりび」とかその辺かと思っておりました。
羞恥心orz

ビッケ&ひめ、お二人の活躍影ながらお祈りいたします。
  • Re:きゃっか…じゃないだと…!
HUNTER's LOG 2008/07/26 22:15
Sasamingさんこんにちはー。
こちらこそご無沙汰しておりますですー。

む、「かえりび」。かっこ良いですな。ていうか朧火はオボロビですから、その読みの線もあるのか…と思ってついさっき公式買っちゃいました(笑)。ゴウカで良いみたいです。どの道キャッカはありえねえ!

大体「キャッカ」だとしてあんたその武器愛せんのかとあたしはひめを小一時間問い詰めたいわけですが(間違いなく寝るでしょうが)。

ところで公式がえらいことになってますなー。ついに1000ページを超えましたが…それにも増して中身のフォーマットがガラッと変わっております。どこに何が書いてあんのか把握するのだけで一週間くらいかかりそうですが(笑)。

でも、ちょっと見でも各データ逆引きで探せるようになってたり、アイテムも入手効率の良い順にクエが載ってたり、モンスターデータも今までなかった瀕死・捕獲水準が数字で載ってたりと、今回かなりがんばった、という感じでしょうか。

あたし弓のほうは2周くらい遅れで(笑)、最近拡散弓でVS甲殻類戦が面白くってしょうがない昨今なんですが、接撃ビンはSasamingさんの予想されてたとおりにクリティカル以下をクリティカル扱いに補正する機能みたいですね。矢切りの際は「切れ味補正」がかかって1.3倍の与ダメとなるようです。

しかしあれもキレアジが10個しか持てませんからねぇ。せめて1回調合で最大3個生成できたら良かったのに。
  • ひとこと
たーだーいーまー調整中。
  • comments:
[12/28 和田秋希]
[04/08 Nasca]
[03/22 シュガシュガ]
[01/15 サキムラ]
[01/12 詩人]
[01/04 アンダー]
[01/02 サキムラ]
[11/22 アンダー]
  • calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • 中の人
HN:
HUNTER's LOG
性別:
男性
自己紹介:
ハンドルネームというのにいまだに不慣れなのでHUNTER's LOGのまんまです。屋号みたいなものだと思ってください。コメントなどの際は「ログさん」とかでどうぞ。
Copyright © HUNTER's "B"LOG All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]