忍者ブログ
about this image...
HUNTER's "B"LOG
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後半はジゴローの日常を少し切り取ってみるお話し編。

前のお話しはこちら。



「ジゴ爺!」

いつものように勢い良くジゴロー宅にとび込んだリオだったが、部屋はもぬけの殻。奥の水場の方にも気配はない。主は留守のようだ。
窓は開け放たれ、部屋の隅にはこの庵の主の愛用するヘビィボウガンが立て掛けられている。ちょっとした採取へ出かける際にもジゴローはこのアルバレスト改を背負っていくことをリオは知っていた。どうやら狩りへ出かけたわけではないようだ。

リオはついこの間かぞえで6歳を迎えた少年だ。ココット村に住んでいて、やや村はずれの山間にあるこのジゴローの庵に足しげく遊びにくる。もっとも本人に言わせれば「ハンター修行」に来ているのであって、実際ジゴローに武器の扱いの手ほどきを受けてもいた。


「畑かな?」

リオは呟くと、また勢い良く庵をとび出していった。

山の空気は少し湿り気を帯びている。雨のもたらすそれではなく、山の樹木が生い茂る息吹のようなものだ。初夏を迎えるこの季節には、この活き活きとした湿り気が山全体に充満しており、リオはその空気がとても好きだった。
わけもなく機嫌が良くなったリオは、庵の裏手にのびている小道を駆けていく。やわらかな栗毛の髪に、すでに夏の雰囲気をただよわせつつある日の光が木漏れ日となって降り注いでいた。

 


 

ジゴローの庵の裏手には小さな尾根がはり出してきていて、その尾根を越えた先はささやかな谷になっている。そこにはまだ渓流と呼ぶには幼い清水の流れがあり(時々小さなカニがいるくらいだ)、ジゴローの生活を支える水資源となっていた。そして、その水汲み場から下流へこじんまりと切り拓かれた一帯が、ジゴローの畑である。
「肥えた土とは言えんのでの」とジゴローも言う通り、大振りな作物が採れることはなかったが、ジゴローの食卓をうるおす野菜の何品かがここで育てられていた。

今、畑のわきには一人の壮年の男が腰掛けている。白髪を後ろに束ね、鬢をたくわえたその相貌は、隻眼であることも相まって非常に精悍に見える。この畑の主のジゴローだった。
普段は黙々と一人で畑仕事に精を出すのが常のジゴローだったが、今日は客がいるようだ。その客は、大きな(そう見える)麦わら帽をちょこんとかぶっているのだが、その麦わら帽には穴があけられており、とがった耳がとび出ている。ジゴローは彼(?)と何やら話し込んでいた。

「この肥料はもう少し寝かせた方が良いニャ!」
「そうかの。もうひと月ほどここに寝かせてあるのだがの」
「これは草を食べるモンスターのフンでおとなしいニャ!飛竜のフンとは違うニャ!」

アイルー族が人語を学んでかなりの月日が経つというが、根本的に思考回路が人とは違うので、意志の疎通と言うのもなかなか難しいものがある。「…おとなしいフンとな?」とジゴローはやや考える。草食竜のフンは中の栄養素が低いので、少し長い時間発酵させてから使う方が良い、ということだろう…という具合に「翻訳」していく。

「では、シモフリトマトの花が咲いたらつこうてみるかの」
「そうするのが良いニャ!でっかい実がつくニャ!でもトマトよりもサシミウオの方がうまいニャ!」
「ほっほっ、ぬしらにはそうじゃろうがの」

ココット村を出て山中に庵を結んだ後、ジゴローはこうして畑仕事なども始めたのだが、もとより門外漢である。そこで、ココット農場を見ているアイルーに頼んで、時折こうして色々と教えてもらっている。
この胸に三日月模様の入った毛並みのアイルーは名をチュプといい、もう長いことココット村に居ついている。どうもアイルーも人間を「見る」様で、チュプはジゴローに一目置いているようだった(いまひとつ表情がつかめないのだが)。それどころか、ジゴローに農作業を「指南」してることをたいそう自慢にしているらしく、頭にかぶった麦わら帽は、その「証」なのだそうだ。何で麦わら帽子が証になるのかよく分からないものの、本人(?)は、それをたいそう大事にしていた。

言うことは言った、という風のチュプは顔を洗ったりあたりの匂いを嗅ぎまわったりし始め、ジゴローも自分の作業に戻ろうと腰を上げる。この時期は雑草の生える勢いがものすごくなるので、少しでも多く摘んでしまいたかった。
…と、チュプの耳がぴくりと動き、続いて水汲み場のほうへと顔をやり、匂いを嗅ぐような仕草をする。ジゴローも気がつき顔を上げた。軽い足音がパタパタと近づいてくる。

つづく

PR
この記事にコメントする
お名前...
タイトル...
メール...
URL...
コメント...
パスワード...   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-------------
secret
  • 麦ワラ猫きたー!
ポチ 2007/11/29(Thu)09:36:10 編集
かわいいっすかわいいっす!
ちゅぷかわいいっす!
シモフリトマトは夏野菜……っていうか、
火山野菜ですからココットでは小ぶりになるでしょうねえ。(-ω-)
なんて思いながら読んでいるととても楽しいですな。
続き期待しておりまする。
  • Re:麦ワラ猫きたー!
HUNTER's LOG 2007/11/30 21:53
ポチさんこんにちはー。
はっはー、アイルー出しちゃいましたよ。オトモアイルーが待ちきれませんでした。しかしアイルーに喋らせるのも難しいですな。なんかちょっと変じゃないとらしくならないというか。
ところで、ああそうか、MHdosだとシモフリトマト採れるんでしたね(MHFもかしら)。良いなあ。Pでもトレジャーとかで採れたら良かったのに(説明も載るし)。

当方少々リアルが立て込んでまして、ちょっち間が空いちゃいましたが、明日くらいには再開する…かも。会社部署の引越しなんかでリアル卵運び状態です(何でこのくそ忙しい時期に…てか、いまだにモニタがCRTて…TT)。実際やってましてあの状態ランポとかに邪魔されたらぶちきれますよ。バルス発動間違いなしです。
  • ひとこと
たーだーいーまー調整中。
  • comments:
[12/28 和田秋希]
[04/08 Nasca]
[03/22 シュガシュガ]
[01/15 サキムラ]
[01/12 詩人]
[01/04 アンダー]
[01/02 サキムラ]
[11/22 アンダー]
  • calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 中の人
HN:
HUNTER's LOG
性別:
男性
自己紹介:
ハンドルネームというのにいまだに不慣れなのでHUNTER's LOGのまんまです。屋号みたいなものだと思ってください。コメントなどの際は「ログさん」とかでどうぞ。
Copyright © HUNTER's "B"LOG All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]