忍者ブログ
about this image...
HUNTER's "B"LOG
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ヤダヤダ!なんでもーこっちばっかりくんのこいつっ!こいつもーヤーっ!うぎゃーんっ!」

だ・か・らガードシロガードシロガードシロガードシロガー…。



まずは超私信。

りっかー。

「Sさん助けてくれるからやろっかな」
に対する「ひめブラック」の反応。

「………ちっ!」

きーをーつーけーてー(笑)。



さて、ひめはグラビモスがきらいです。「壁っぽい」でっかいのが圧迫してくるのが苦手なんですな。そこに来てウカムです。反応は推して知るべし。落ち着かせるのだけでも大変です。

「落ち着いて良く見てみなよ。なんかウカムってでっかいバサルっぽくね?」
「…あー、言われてみればそうかも」
「そうそう。ドスバサルたんと思えば…」
「ギャーっ!でっかいバサルのくせに跳ぶなーっ!」

ぬぅ、もうちょっとで言いくるめられたものを…(笑)。



ウカムルバス

「ウカムトルム」じゃありません(笑)。
数百年前に雪山深奥に追いやられたアカムトルムと双璧を成す古いタイプの飛竜種なんだそうです。全体的に見ても要するに氷タイプのアカムですね。

何気にはじめてやった時にゴールドイクリプスで30分くらいで片がついちゃって拍子抜けだった奴ですが、だからといってカモかというとそうでもないですな。この手の奴(アカムとか)は、ちょっと歯車が狂うと一気に打つ手なしですので、相当慣れててもやられるときはやられます。

んまあ、今になって攻略のノウハウも蜂の頭もないでしょうから、最低限のポイントとPT戦でのあれこれを追っかけてみましょう。

最低限のポイントとは潜行突進の回避ですね。これが何とかなんないとこいつは勝負になりません。ひめmichiはランス・ガンスですんでガードすりゃ良いです。が、走って逃げ惑いますな。……なぜ?

で、回避ですが要点はウカムに向って行く事、です。一番最初はどうしようもないでしょうが、何回か見たらホーミング突進の際に最初に背中を見せるポイントが分かって来ると思います。そこへ向かって走るのですね。そして、その背中が隠れるのにあわせてダイブ。大体雪中のウカムの前脚の後ろへダイブする感覚で斜めに抜けると抜けられます。上手くタイミングが合うと、雪中に潜った背中の上を走り抜けることもできちゃいますが、失敗すると被害甚大ですんで跳ぶのが良いでしょう。

この「前脚」そのものは浮上する前から当たり判定を持っている様なので、この後ろへ抜ける感覚が重要です。へっぴり腰で手前で跳ぶとこの「見えない前脚」に巻き込まれますね。

また、この回避はなるべくフィールドの中央でやりたいところです。壁際でやって失敗すると、そのままカメラワークがむちゃくちゃになるので自分がどうなっているのかも分からないままやられます。

ソロで挑む際は、いきなり討伐を目指さないで、はじめの数戦はリタしながらこの潜行突進をかわす練習、と位置づけるのが長期的には吉かもしれません。



PT戦と支援

それではウカムPT戦。

ひめ・ナナ=ソレイユ(ガンランス)
ビッケ・ゴールドイクリプス(片手剣)
michi君・暗夜槍【黒雨】(ランス)

という布陣です。


「あーあー!なんかぱふぱふんなったー!」

とひめが叫ぶのは防御力低下効果のある攻撃を受けた時です。これは大変危険なので即座に申告する様に言ってあります。怒りウカムにこの状態だと凛・極フルセットでも即死しかねません。

アカムなんかもそうですが、この防御力低下系の攻撃を仲間が喰らった時は広域+2担当がいると大変良いです。「忍耐の種」を飲むとこの効果が消えるんですが、この忍耐の種効果は広域+2でとばせるんですね(+1ではだめ)。

広域担当は申告待ちだとしくじる可能性が高いので、仲間の名前の横の状態異常アイコンをよく見ている必要があります。青三角が防御力低下。

そして雪だるま。
こっちはmichi君が危険です。何だってディアZなのか(michi君の防具・氷耐性超マイナス)、という根本的な問題があるので(笑)。
ドドブラなんかの雪だるまの場合というのは、こっちも近くにいるのですぐひと太刀入れて割っちゃえば良いんですが、ウカムは巨大なのでそうもいきません。大体こっちは後ろ脚メインで狙ってますし。michi君はランスで頭側ですね。

これはもう本人が解氷剤を飲む、こっちが粉塵を飲む、の連携しかありません。これまた状態異常アイコンをしっかり見ているのが重要で、見逃しただけで一落ちが発生しますな。なんだったってmichi君は一定以上の衝撃を受けると「うおっ」とか「ぬおっ」とかしか言わなくなるので(笑)、こちらで状態を見極めるしかないのです。フィールド見てもウカムの巨体しか見えなくなってる場合がほとんどなんで、アイコン頼りなんですね。

ちなみに雪だるま効果があるのは、氷水ブレスで落ちてくる雪塊、アゴしゃくり上げで落ちてくる雪塊、尻尾振りの雪煙、の三種です。ブレスとしゃくり上げの落ちてくる雪塊は、地表に影が映ってますので、よく見ていればまず当たらないでしょう。片手剣は右後ろ脚を集中的に攻撃することになりますが、このすぐわきに落ちてくるパタンがあるので、そこは注意(攻撃しつづけてると喰らう)。

尻尾の雪煙は主に前方担当のランス・ガンスが危険ですが、尻尾をそのものをガードした後もガード状態を続けていればガードできます。尻尾を切断しちゃうと雪煙が出なくなるのですが、切断そのものが体力を75%削った後じゃないとできないので、このガードへの慣れは必須です。

いずれにせよ、このウカムの様な奴はこれまでの支援のノウハウが著しく反映「させられない」相手となりますね。まず第一に仲間の動向を見ることが難しい。でかすぎてその体躯だけで視野が埋まってしまうわけです。

これはガンナーで挑んでも同様で、回復弾でサポートしようと思ったらある程度自身の攻撃はあきらめないと射線の確保ができないと思われます。仲間の練度次第ではさふぃさん言うところの「スーパーサポート」の一手を選んでしまうのが良いかもしれません。

無論今回みたいに「仲間の火力」では討伐が怪しい場合はそうもいかないのですが(笑)、逆にここで片手剣であるのは結果的にはベストチョイスであった、とも言えます。ウカムの後ろ脚は怯み値が低いので、斬りまくってると転倒しまくりますね。そこをひめmichiがタコ殴り(ランス・ガンスだからタコ…突き?)というパタンが結果的に安定するようです。図らずも「攻性支援」の花形が生まれた感じですね。

回復支援の方は粉塵・忍耐の種がほとんどとなりますが(ダメージがでかすぎて回復薬広域化は空気)、ここでポイントとなったのは「仲間からの即座の申告」です。なんせ「見えない」ので。

そういった意味ではウカム・アカムというのは「ポータブル」のモンスターだなー、という感じですね。そこまで考えてのこの仕様なのかどうかは…何とも言えないですが(笑)。




そんな感想のウカム戦でした。
初日は皆さん必死の攻防で、2死もらいながらも15分くらいで片がついちゃって「お、結構いけんじゃん」みたいな。

2日目。昨日の余裕から…
「あ、ホットドリンク忘れちゃった(ひめ)」で、リタ。
「びっけなにやってんのー(雪だるま状態に跳びかかられて1死)!!!」
「……てへ?解氷剤忘れちゃった(あたし)」で、リタ。
とかもうグダグダ。

3日目。
再び気を引き締めて割とすんなり討伐。

という感じで3日目でめでたくひめに崩天玉が出ましたな。やれやれ、これがまたmichi君とかに出てひめに出ずだったら…あなオソロシや。
ま、これでさらに連戦をする気力はひめmichiにはありませんのでとりあえず一旦ウカムは終了の模様。ていうかひめは消耗品の在庫という概念がないのでできる連戦には限りがあります。ていうかていうか、今日とか…

「お金なーい、クエはれなーい、ご飯食べれなーい」

とかもうあたしにはナニがどうなったらギルドカード白でそこまで極貧になれんのか意味不明な騒ぎをしておりましたとも、ええ。
大体ですね、ひとつ言わしてもらいてえんですが、

ヒーラーUのスカートだけウカムしにして雪山にくんな!

なんという変態。

本人も口では「かわいい」とか言ってますが、撮影はNGなんだそうで自覚がある模様。

じゃあ着てくんなっつー…。
PR
この記事にコメントする
お名前...
タイトル...
メール...
URL...
コメント...
パスワード...   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-------------
secret
  • ひとこと
たーだーいーまー調整中。
  • comments:
[12/28 和田秋希]
[04/08 Nasca]
[03/22 シュガシュガ]
[01/15 サキムラ]
[01/12 詩人]
[01/04 アンダー]
[01/02 サキムラ]
[11/22 アンダー]
  • calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • 中の人
HN:
HUNTER's LOG
性別:
男性
自己紹介:
ハンドルネームというのにいまだに不慣れなのでHUNTER's LOGのまんまです。屋号みたいなものだと思ってください。コメントなどの際は「ログさん」とかでどうぞ。
Copyright © HUNTER's "B"LOG All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]