忍者ブログ
about this image...
HUNTER's "B"LOG
[113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ねーえ?」
「ア゛ァ?」
「きょーのひめのおまぬけなの記事に書く?」
「あー書く書く。書くね。そんなもん。超書くね!」
「え゛う゛ー(T~T)」

あ、さて。
ビッケはまじめですんで、ひめが弓でGラージャン(最後の招待状)に挑むというならそれをなんとかするための練習をするのです。ええ、するんですとも。
弓経験数ヒトケタでGラージャンに挑むという根本的な問題の前にはどのような問題もトゥリビアルに見えますが、いくつか気になることはあります。

まず第一にほとんどラージャンの懐に入っている様な片手剣から遠距離の弓の動向を探るのは難しい、という点。こりゃ実際難しいですな。ここは普段ラージャン戦には連れて行かないオトモを連れて行って(Gラージャンの一撃をしのぐ「平和主義」防御特化型の「ヒナタ」)、リアルタイムで状況を見る練習をします。大体ひめを追っかけてラージャンがすっ飛びまくるので、それを早い段階で把握しないと延々追っかけっこに終始してしまいます。

遠距離武器でラー様といったら本来は定型的な捌きになりますんで状況は把握しやすいはずなんですが…ま、ひめですんで。

第二にここで遂に片手サポートの切り札「早食い」を投入することにしました。これ常用しちゃうと「動きを見極める」目がスポイルされちゃう懸念があるので使わなかったのですが、背に腹は代えられません。

第三に弓の「やっちゃいけない」捌きをやってみまして、最もヤバげなパタン(連撃を喰らいやすいパタン)を確認します。ひめも「向って左」というのは心がけてはいるのですが、パニクるとどうしても逆転し始めます(笑)。

そんなこんなの片手・弓でのラージャン戦をえいやえいやとやり込みましての本日でした。なんか前にもこんなことがあったなあ…一生懸命準備をすると…いや、悪い予想は悪い未来を生むのだ。

時には明るい未来を信じようじゃないか。




それでも歴史は繰り返す


「ひいぃいぃい〜!うひゃああぁぁぁ〜!……なんかもう息もできね〜!うきゃきゃきゃきゃ!」

とかもはや作った悲鳴もあげられなくなってマジで吐く息じゃなくて吸う息で(笑)ひいひいいってるひめがラー様に追い立てられてコケツマロビツしてますが、それでも結構捌いてます。

最後の招待状。最初の一頭を倒すまでにひめ一オチしちゃってますが、昨日とは違って結構「まともな」一オチでした。何となく「ここで動き出してないとダメ」ポイントを把握しつつある模様。攻撃面でも…もちろん全体的には「ユミ【凶】って、拡散弓だっけ?」と思うくらいあっちゃこっちゃ矢が飛んでくわけですが…追い撃ちがまだまだ主体だけれど、それなりにそれっぽい距離からラージャンにあててます。

んまあ、この一頭でビッケは粉塵×10使っちゃってますんで二頭目があやしいっちゃ怪しいのですが。

しかしそこはそれ、意外と進歩の速いひめはヤバげになるのも怒りラージャンの時だけ、というくらいになってるので、二頭目の怒り時は逃げに徹すれば何とかなりそうで…し…た(笑)。

実際ひめも昨日の惨敗はどこ吹く風で、もう勝った気でいます。今「儲かった気でいます」と変換されました。

「これいけんじゃね?剛角出る?出るかなー」

とかもう、とらぬ金猿の皮算用をはじめる始末。

いやもうマジであたしも「こりゃあいけちゃうなあ」と思っていたのですよ。早食いは効果てきめんでしたし、ひめは割と当てちゃうし捌いちゃうし…あたしはもう「これ成功させちゃって良いのかしら?」とかいらぬ心配をしていたほどです。

でも、そんな心配は杞憂でした。
覆水は盆にかえらず水泡は飛沫と散るのが運命。
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
おごれるひめは久しからざるのが定め。

ビッケは一生懸命練習したのに。
秋晴れの空はあんなに青いのに。
夕暮れの空はあんなにきれいなのに。のにのにのにのに…。

お若い方達。
努力は報われない物なのです。一寸先は闇なのです(TT)。

二頭目のラージャンもラスト怒りに突入。もう最終盤です。が、最後の落とし穴を仕掛けるかどうしようかとビッケが詰めの算段をしている時にそれは起こりました。

「にゃああぁぁぁ〜!」

闘技場に響くひめの悲鳴。
ああ、あたしはこうなることを知っていた様な気がする…。

「あっ、あー!」

闘技場の壁へ向かって走り続けるひめ。この光景も以前見た気が…。
そして情け容赦なく表示されるテロップ。

「$hime$は離脱した」

この次ひめがなんと言うか、あたしはそれを知っている。

「でんちがきれたー!」

どっちが落とし穴やねん………orz。




顛末


まったくね。
一度ならず二度までも。「おしおきだべ〜」となるのも宜なるかな、という感じですが、これがまあ…。

ビッケがラージャンにとどめを刺してる間はなんだか口からエクトプラズムみたいなケムを吹いて真っ白に放心していたひめですが(一言で表すと「ぐでん」という感じ…笑)、こちらに勝利のファンファーレが鳴ると正気に戻ったようでして、ごね始めます。

「なんでよっ!ちゃんと充電したもん!」

とか言ってPSPをいじくり始めて…硬直しています。
実際充電していたなら面倒なわけで…バッテリが寿命か…最悪電源系がおシャカなワケですが…。

「あ゛バッテリが外れて…」

とのこと。
なんとまあ、ラージャンのプレッシャの前に力が入りすぎてPSPのバッテリ部の蓋がずれて外れちゃった模様。わはははは。

ひめも好んでラージャンに喧嘩売ったりはしませんが、一旦負けると我慢がならない相手もこの金猿です。今までの経緯からいってもライバル認定しちゃって良いんじゃないですかね。

バッテリを外すほどの必死ってのもそうそうない様な気がするんですが(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前...
タイトル...
メール...
URL...
コメント...
パスワード...   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-------------
secret
  • チャレンジ精神ですね!
Nasca URL 2008/10/30(Thu)17:18:54 編集
あははっはははh・・・ひぃぃぃ・・・_(__)/彡☆ばんばん!
スイマセン・・・腹筋が痛いです TдT (爆)

いや!そうですね!必死になりますと・・・こぅ本体捻ってディスクが飛び出してきたりすることも有ります!! ウンウン(ヒクヒク(笑))
しかし・・・バッt・・・・・・ o-_-)=○)゜O゜)あぅ

ゴメンナサイ・・・もぅしません orz

弓でラーは、挙動が把握できますと、比較的優位の戦闘が多くなりますね ^^b
ラーは、不規則に見える動きが多いですが、実は流れから来るパターン通りの行動しかしませんので、弓の様な予測重視の武器では、与し易い相手の様に思えます!
ランスとかでガッチリガードを固める方が、クエ自体は安定するのでしょうが・・・私は、弓DEラーが一番難易度が低いです!

MHP2ndGでは、私は双剣をメインウェポンに置いて遊んでいますので、7割前後は双剣でのクエになるのですが・・・お猿系は、大変ですよね・・・何しろ・・・総てのクエを乱舞のみで攻略している物ですから(笑)

しかし・・・姫様?!
2度ある事は・・・3度あると言いますので・・・お気をつけください!
もし・・・次がありましたら・・・3度目の正直ならず・・・とかのタイトルに・・・(笑)
  • Re:チャレンジ精神ですね!
HUNTER's LOG 2008/11/02 04:37
Nascaさんこんにちはー。お返事遅くなっちゃいましてごめんなさい。

あー「フライングディスクシステム」!PSP発売直後の動画ラッシュは笑いましたね。いやもうね、この記事の後あたしもあれこれ試してみたんですが、バッテリ外すというのは大変なことですよ(笑)。

いや、ラージャンは間違いなく弓が最も相性が良いと思います。ていうか弓の練習に最も良いのがラージャンですね。ま、当たると死んじゃうんですが。ですんでひめがラージャンをしばらくやるのは良いことではあったんですが…3度目の正直で突破しちゃいましたね。もっともこの記事でも「不測の事態」を除けばもう安定しちゃってんですが。

そこでもう雷弓【百獣王】までのラー素材が確保できちゃって「こんな猿もう知らん!」となっちゃうのがひめクオリティです。もうちっと練習すりゃいいのに…と思わなくもないですが、そこをやらないのがひめ的なモンハンの楽しみ方なんでしょうか。

乱舞で攻略ですか。そりゃあ…新亜種系は地獄ロードなんでは…。ドド亜種・ショウグン亜種とか頼まれてもやりたくないですが(笑)。
ハルさんはガノあたりでアゴが出んだろ…と思ってましたが、早くもフルフルで難儀してますな。やっぱまるで知らんとフルフルも強敵ですね。

あ、思い出した。
そういえばあたしがP1始めて双剣で初フルフルのときひめが「これあげる」とか言って栄養剤一個くれたんですよ。「栄養剤一個」ってとこがわけわかめですがひめにしてみりゃ大変なことです(笑)。で、あたしはわけも分からず電気ブレス喰らって即死したんでしたが(笑)、ひめもこの辺がヤバいと思ったんでしょうね。

あーあ、なんてこったと言いますか、ひめmichiはあたしの狩りの先輩なんでしたね。一体何がどうしたらこうなるのか…??
  • どうやら姫様にはいくつもの神様がついているようです
サキムラ URL 2008/10/30(Thu)18:25:26 編集
うちのクラスにもいますがねぇ。面白いことする気はないのに、笑える人。
S君のおとぼけキャラとMさんの落し物には……って全く伝わりませんね(苦笑
一回似たようなことをしましたけどね。PS2の某野球ゲームで力入れすぎて足でディスク取り出しボタン押し、ついでに足攣ったという個人的悲惨な事件が……まぁ、ディスクは電源切らずに戻したら戻ってくれましたけど。
バッテリーが外れたら戻れませんね……お気を付けください(合掌
  • Re:どうやら姫様にはいくつもの神様がついているようです
HUNTER's LOG 2008/11/02 04:38
サキムラさんこんにちはー。

いえ、「憑いて」います。ええ、もう間違いなく(笑)。しかも最高潮の盛り上がりをブレイクすることにかけてはなんて言うかもう…。
笑うというよりこちらも頭ん中真っ白なんですが。

あたしはね、ひめみたいな乱暴なことはないですが良く半分眠ったままアホなことしてますね。抗菌石×99個調合してたりね(爆)。「これ以上は何もないようだ」が出てんのに延々虫アミふるって虫アミ全壊してたりね(超アホ)。これは病気ですね(TT)。
  • ひどいわっ!
Rockville 2008/10/31(Fri)13:20:27 編集
みんな!
そんなに笑わなくってもいいじゃない。

私にもそんな過去が…、あったような…。

激戦を繰り広げいていると、思ってもみないアクシデントがたくさん起こるのですっ!

偉い人にはそれがわからんのです。
  • Re:ひどいわっ!
HUNTER's LOG 2008/11/02 04:38
Rockvilleさんこんにちはー。
あたしは笑う以前に気絶してますがね(爆)。いや確かに理由が分かれば怒るに怒れないという…。

しかしひめのアクシデントの呼び込み方というのは必死の挙げ句とはまた違いますね。もうそういう星の下に生まれてるとしか言いようがない(笑)。予定調和を破壊する予定調和と言いましょうか。

大体「弓なんか弱えーじゃん」とか言っていたのがついこの間ですもん。自らその状況をぶっ壊しての現在ですな。もー、ひめの通った後にはぺんぺん草さえ生えねえっつーか…(TT)。
  • 普通に失敗するより二倍悲しい
アンダー 2008/11/01(Sat)14:46:17 編集
自分も激戦の末にバッテリーが切れて泣いたアンダーです。
ひめさん今回の事を引きずらずに頑張ってください。
近くに金猿討伐の記事が載る事を期待しています。

アンダーでした。
  • Re:普通に失敗するより二倍悲しい
HUNTER's LOG 2008/11/02 04:39
アンダーさんこんにちはー。
いやもうあっさり討伐しちゃいました(笑)。「引きずる」なんてロマンはひめとは無縁です。「ヘーンだっ!この猿っ!」とか蹴り入れて記憶から消去です。おそらく今手にしている雷弓【百獣王】がいかにして完成したかもう覚えてないでしょう(TT)。

それでもその雷弓でGティガとかが転倒すんですよね。ひめの弓で転倒するティガに斬り込むmichi&ビッケとかね。あたしは夢でも見てんのかという…。

んで、もう次はゲイルホーンとかカックイーとか言って目を光らせてんですよ。michi君のディアZ作る際に連戦してんですけどその時はどうせ「ひめとは関係ないもーん」とか言って堅牢な黒巻き角とか売っぱらってんですよね。やれやれやれやれ…。
  • ひとこと
たーだーいーまー調整中。
  • comments:
[12/28 和田秋希]
[04/08 Nasca]
[03/22 シュガシュガ]
[01/15 サキムラ]
[01/12 詩人]
[01/04 アンダー]
[01/02 サキムラ]
[11/22 アンダー]
  • calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • 中の人
HN:
HUNTER's LOG
性別:
男性
自己紹介:
ハンドルネームというのにいまだに不慣れなのでHUNTER's LOGのまんまです。屋号みたいなものだと思ってください。コメントなどの際は「ログさん」とかでどうぞ。
Copyright © HUNTER's "B"LOG All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]