忍者ブログ
about this image...
HUNTER's "B"LOG
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「双剣ってどうですかね」
「やりゃいーじゃん!ずっと言ってんじゃん!」
「あー、まーねぇ。いいんですけどね。ここには双剣にうるさいのがいるからなー。……あたしのことですが」
「大体そんなことはどうでもいいのー!ひめのゆみっ!弓いぃぃぃ〜!」

あーうー。一体なんだってこんなことに……。

兎角この世はままならぬ(ハル篇)

ハルさんは双剣がご所望です。michi君がなんぞ双剣を見せびらかしたようでして、鬼人化の派手さにすっかり参っちゃった、というわけですね。

どうやら太刀とか大剣とか長物にはあまり食指が動かないようでして、小気味良く攻め込むのが性に合ってるみたいですな。見ていても完全にインファイターですねハルさんは。大体ドドブラ初見で平然と腹下に突っ込んで行くんですから大したもんです。
アイルーで言ったら間違いなく「無謀」ですな(笑)。
しかし「双剣と無謀」は相性が良いのかしら?イメージ的には合ってんですが、命がいくらあっても足りない様な気もします。

それはそれで回復サポート的には大変おいしい状態となるわけですが(笑)、こちらの武器の選択が悩ましくなってきます。なんと言っても双剣のサポートには狩猟笛が適任に思うのですよ。……んが、あたしは未だに笛でのサポートというのをやったことがねえ。スタンドアロンでの使い方はあれこれやったものの…イチから勉強しないとダメ臭いです。ていうか下位の狩猟笛なんか一本もないんですよねー。サポートを主軸にした際の狩猟笛って何が良いのか…それすら良く分かりません。ま、とりあえず強走効果のあるやつかしら。

さて、そんなハルさん模様ですが、集会所の方は「戦闘」がメインになってくるので、特筆する様なこともないまま進んでしまいます。
MHFでわけも分からぬまま高ランクになっちゃうという状況が頻発するのも良く分かりますね(笑)。

んが、一転村を進めるとなると「魚竜のキモ」にも四苦八苦な模様。泳いでるガレオスを一生懸命攻撃していたようです。

「えーとですね、とりあえずこちらをご覧になるとよろしいかと」
「はー」
「こうやって小タル爆弾で叩き出して狩るわけですよ」
「おー。……でもこれ…こんな詳しく書いて…ちょっとこのサイトのアドレスを…」
「いや…あたしが書いたんですが」
「…?…えっ!これが?話には聞いてましたが…」

わはははは。「話には聞いて」いたようですが、うちを見たのは初めてのようでして、ちょっと想像していた物とは違ったようです(笑)。で、感想。

「ハルの名を汚さぬ様に頑張ります!」

だそうです。はい、頑張ってください(笑)。




兎角この世はままならぬ(ひめ篇)

ひめが暴走し出しました。
事もあろうに弓を使い始めたってんですからさータイヘン。矢切からのバックステップを見て大変感銘を受けた様で、つまりえらいこっちゃなのです。

どのくらいえらいこっちゃかというとレイアの尻尾に突っ込んでサマーソルト喰らった挙げ句に立ち上がり様に迷うことなくまた尻尾に突っ込んで轢かれて5秒でキャンプ送りになるくらいえらいこっちゃなわけです。

「きゃはははは!ゆみおもしれー!」

いや、違うだろ、それ。一体あたしにどうしろと?
どーにもね、何回か尻尾斬り飛ばしたら収まるもんかと思ったらこれが収まらねーんですわ。

「なんかー、なんか強いのー」

と言うので、あたし的に連射弓の最高傑作なんじゃあと思っている「ユミ【凶】」を勧めてみまして、ていうか作製のためにガルルガに行ったわけですが、結構まじめに狙って射ています。ぬう。ビッケが太刀でひめが弓です。あたしは夢でも見てんでしょうかね(笑)。

で、ユミ【凶】完成。そしてひめは言うわけです。

「次はこのラージャンの弓が欲しい(雷弓)」

ハハー、ひめの仰せのままにー(怒。
かくして集会所に現れたひめはできたてのユミ【凶】を背負っているのでした。

「は?弓で行くの?」
「そーだよ?」

いやいやいやいや(笑)。
昨日まで照準出すのに右トリガーだっけ左トリガーだっけとかやってた人生6回目の弓でG級ラージャンっすか。難易度高えー(TT)。
ていうかムリッ!モノには限度ってもんがあります。ていうかていうか一撃瀕死の状況で回復薬とか飲んでんじゃねー!

「あー!また死んだー!ラージャンどうやんだっけ?分かんなくなったー」

弓でラージャンやるの初めてなんだから当たり前です。ああ、もう、疲れる。というわけでこれはめでたくひめの三オチ終了(途中からビッケ見物モード…笑)。でも明日またやるとか言ってんですよね。ハァー。




兎角この世はままならぬ(michi篇)

「ボカア、全武器を使いこなそうと思うんですよ」

……………あ、そう。
PR
この記事にコメントする
お名前...
タイトル...
メール...
URL...
コメント...
パスワード...   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
-------------
secret
  • 無題
アンダー 2008/10/28(Tue)15:57:02 編集
こんにちわ、学校のパソコンで先生に隠れながらコメントしているアンダーです。

ハルさん双剣になられますか!
僕も双剣使ったりしますが鬼神化したときの爆発力は堪らないですよね。
ひめさんは弓ですかー、ラージャンのあの攻撃力の前じゃログさんの粉塵も湯水の如く消費されるでしょうね(笑)
そしてmichiさん、ログさんのウスーイ反応にめげずに頑張ってください(笑)


  • Re:無題
HUNTER's LOG 2008/10/29 00:29
アンダーさんこんにちはー。
あー、あたしが先生に怒られたりしないでしょうね(笑)。

双剣もね、一頃の乱舞ゲームのイメージも過去の物となりつつある優れた立ち回りが世に示されてきたりしてますんで、これからが本当の魅力が広まるとこかもですね。

無論ハルさんはまだまだパッと見の派手さに惹かれての選択でしょうが、最初はあれこれやってみるのが良いです。もっともガノあたりで悲鳴を上げそうな気もしますが(笑)。

「湯水」はね、もうひめmichiがコンビな時点で13個使用はまず確定ですから、何も望みはしません(笑)。あの二人はまったく攻撃するアプローチが反対なんで(すなわちカウンター喰らうタイミングがバラバラになる)、どうしたって倍要り用になりますな。しかもあのmichi君発言でやつがなに持ち出して来るかが不確定になりましたので、まったくスリリングな日々に突入ですだよ(TT)。
  • 無題
たきてそ 2008/10/28(Tue)19:10:31 編集
おー!
アタシも今日から双剣始めましたっ(*'ω')ノ
最初は強走レスで摘要に上位クエ辺りから流してるんですが、繋がりやすいコンボを覚えると途端に面白くなってきましたな。未体験ゾーン突入でワクワクですよっ。

ハルさん、一緒に双剣頑張りましょうねっ(*'ω')b
  • Re:無題
HUNTER's LOG 2008/10/29 00:30
タキさんこんにちはー。
ありゃまあ、お次は双剣に行きましたか。今作P2Gの双剣は技の連絡経路が豊富になっていますんで、シリーズ通してもかなりおもしろい扱いができますかと。ボタンを押すタイミングは片手剣よりも面白いかもですね。

特に鬼人化直後の切り払いへの連絡と鬼人化中の2回転斬りの1回転目直後からの乱舞への派生は良い感じです。

強走といっても双剣もずっと足を止めて斬りつけるわけじゃないので(特にソロでは)、適宜仕切り直しになりますし、ランナーあったら強走なくても良いんじゃん?となると思います。

あ、そういえば双剣は今作で一番「意外な」拡大が図られた武器の様な気もしますね。双属性もMHFとはちと違う感じですし、タバルジン系が双剣になった様な物からミラ系まで思いがけないとこに新作・新派生がありますんで工房リストには目を光らせていた方が良いかもです。

ハルさんは…モンハンそのものに触れたのが初なんですが、その界隈の「ブログ」に驚いてるみたいですよ。「ゲーマー」としてはあたしはおろかひめmichiよりもゲーマーなんですが、やはりゲームブログ・サイトのあり方としてモンハンはかなり突き抜けてるみたいです(笑)。

その辺タキさんが双剣はじめました、というのは僥倖です。ハルさんが「どんな読み方をするか」。楽しみに見て行きたいですね。
  • 双剣も弓もランナー大事
ヴぁイ 2008/10/29(Wed)10:34:39 編集
こんにちはー、お久しぶりです。
双剣と弓と聞かされた日にゃ、コメントせざるを得ない!
ってなぐらいに双剣弓好きのワタクシですが、兎角最近はランス担いで走り回ってます。
ところで双剣といえば強走飲んで乱舞ってイメージが多いですよね。
でも乱舞って最初と最後の攻撃当てないとあまりダメージソースにならないんですよねぇ…。
しかもしばらく行動できないですし。
乱舞なんてただの飾りです、えらい人にはそれがわからんのです。
やはり双剣と言えば片手剣のようにコンボで攻め立てるのが一番気持ちいいと思うのですよ。
そういう意味で心眼・匠スキルが一番必要な武器じゃないかと、いっつも適当に攻撃する私は思うわけです。
ん?あれ?私も無謀ファイターのなかしら!?

弓は弱点部位をしっかり狙えるようになってからがおもしろいですよね。
特に照準なしで弱点部位に攻撃出来たときは、何か一つ壁を越えたような感動を覚えましたよ。
ただし尻尾を矢斬り出来た日にはそれの比ではありませんでしたが。
ハルさん、ひめさん、がんばれ!
  • Re:双剣も弓もランナー大事
HUNTER's LOG 2008/10/30 03:00
うおーヴぁイさんおひさしぶりですー。

双剣・弓・ふんどしっ喝ッ!
いやね(笑)、うちのmichi君がなんかボーンな人率が上がってんですよね(男キャラ)。新しい防具作るっていっても「露出度が高いのはどれですか」とか言うんですよ。ギラギラした目でヒプ装備(MHF系のやつ)とか物色してるんですよ。その道の大家としては……ていうかこれはヴぁイさんに相談することなのか相談しちゃいけないことなのか微妙ですが(笑)。NoIさんとかは「絶対相談しちゃダメです」とか言いそうですが。

さて、やはり双剣初期というのは確信犯的にゲージが悪くて「乱舞しれっ!」と言ってる様な塩梅でしたが、P2Gまで来ますと優秀なゲージの双剣が結構出てきて状況が変わりましたな。武器次第では「匠・業物」が双剣系切れ味系のキラースキルなんじゃないかと思ってたりもします。ま、あたしも心眼が心労が少ないので(笑)、結局剣聖のピアスつけちゃうんですが。

立ち回りに関しても新種・新亜種系は乱舞厨では対応できない動きをしてきますんで、好むと好まざるとにかかわらず基本コンボの習得は必須となってきましたね。

ひめはもとより水平射撃アーチャーですな(照準出すのはあきらめたらしい)。もっとも体の方向だけで弱点を撃ち抜ける日は未来永劫来ないでしょうが(笑)。
尻尾=馬にニンジンの図式はまったくタイヘンです。ナルガだろうがガルルガだろうが切れる尻尾へは特攻かまします。しかもあたしが斬り飛ばすと怒り震盪するので(TT)、切断条件一歩手前で止めて斬らせないといけない。粉塵飲みながら。

あー、そういえばランナーですが、ハルさんはともかくひめと来たら「タメ3で射んだって言ってんでしょー」と言っても「そんなまってらんないもんっ!」とか言うので、まだその必要性を感じるのは先かもです(笑)。

ていうかなんであいつらここに来て盛り上がってんでしょうね?
michi君は動画とか物色してるし、ひめに至っては「これじゃ近い?」とかこっちが気絶しそうになる台詞を言い出す始末。おまけに二人とも訓練所まで再開しちゃうしね。

うーん、良く分からん奴らです。
  • ひとこと
たーだーいーまー調整中。
  • comments:
[12/28 和田秋希]
[04/08 Nasca]
[03/22 シュガシュガ]
[01/15 サキムラ]
[01/12 詩人]
[01/04 アンダー]
[01/02 サキムラ]
[11/22 アンダー]
  • calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • 中の人
HN:
HUNTER's LOG
性別:
男性
自己紹介:
ハンドルネームというのにいまだに不慣れなのでHUNTER's LOGのまんまです。屋号みたいなものだと思ってください。コメントなどの際は「ログさん」とかでどうぞ。
Copyright © HUNTER's "B"LOG All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]